市民保養施設利用推進事業H29年度

 市民が保養のために施設を宿泊利用したときの料金に対し、補助金を交付することにより、憩いの場を提供し、家族や仲間のふれあいと健康の推進を図ることを目的とします。 補助金の対象となるのは次に掲げる観光協会等が指定する施設です。

※ご利用の際は、必ず施設にご確認ください。

平成29年度宿泊施設一覧(PDFファイル)
越前町の宿泊施設 美浜町の宿泊施設
大桑村の宿泊施設 新城市(鳳来地域)の宿泊施設
浜松市(春野地域)の宿泊施設 伊勢市の宿泊施設
南知多町の宿泊施設 松阪市(飯高地域)の宿泊施設
下呂市(下呂・飛騨小坂地域) の宿泊施設 妙高市(妙高・飯山地域)の宿泊施設

概要

対象者 市民または市内事業所勤務者
申請期限 保養施設利用補助金交付申請書・利用日の3日前まで
申請者 利用者のうちの代表1名
利用回数 4月1日から翌年3月31日までの間で一人1回限り
補助額

旅館等、大人(中学生以上)2,000円、小人(3歳以上小学生まで)1,000円。野外施設、バンガロー等500円、テント300円

※ただし、在勤者はこの半額です。

自己負担額 利用額から補助額をひいたもの
申請場所 ・生涯学習課(東庁舎2階)
文化勤労会館
 休館日:毎週月曜日。ただし、祝日の場合は開館。
 受付時間:午前9時から午後5時

利用手続方法

  1. 指定施設予約
    直接、宿泊施設へ電話やインターネット(宿泊施設のホームページから直接お申込みください)などで宿泊の予約をして下さい。
    ※インターネットの宿泊情報サイトなどからご予約をされた場合、この制度をお使いいただけない場合がありますので、施設にご確認ください。
  2. 申請
    施設利用3日前までに、生涯学習課または、文化勤労会館の窓口へ交付申請書を提出してください。利用日・施設名・利用者全員の住所氏名などご記入いただきます。印鑑は不要です。
    保養施設利用補助金交付申請書 (PDF 155KB)
    保養施設利用補助金交付申請書(記載例) (PDF 136KB)
    ※申請者の本人確認ができる書類が必要です。(例:運転免許証、保険証、社員証など)
    ※市内の事業所に勤務されている方は、勤務先の証明書が必要です。
    <下記に記載例があります>
  3. 補助券交付
    利用補助券を交付します。
    ※団体などで利用される場合は、翌日以降の交付をお願いすることがあります。
  4. 施設利用
    チェックイン時に利用補助券を施設へ提出し、精算時に、補助金額を除いた額をお支払いください。

勤務先の証明書の記入例

お問い合わせ

生涯学習課
電話:0568-22-1111
ファクス:0568-23-3150
E-mail:shogai@city.kitanagoya.lg.jp