2013年03月10日
思い出の花柄+初めての花柄

思い出の花柄+初めての花柄

ワークショップに多くの家族連れが参加されました。子どもたちは、初めての体験。おかあさん方は、自身の子どもの頃の体験を思い出し、「うまくできた、できなかった」と楽しそうでした。昭和時代に流行った遊びが昭和と平成を、また、親子をつなぎました。
描いた花柄は、切り抜いてバッジにもしてみました。
ワークショップ講師は松村淳子さんにお願いしました。_ichihashi


Hanagara-saku-showa




2013年03月10日
かさのデザイン

かさのデザイン

雨の日、街なかに咲く花柄。花柄のかさ。折りたたみのかさの傘布にポップな花柄が描かれています。1970年代。_ichihashi




2013年03月10日
スピログラフで花柄を描く

スピログラフで花柄を描く

歯車の小さな穴にボールペンのペン先を差し込み、円を描くように回すと花柄が描ける定規は、昭和40年代に大流行しました。今でも手に入るデザイン定規を用いて画用紙に花柄をデザインしていきます。ぜひご参加を。3/10 13:30-15:00 参加無料。_ichihashi


Hanagara-saku-showa




2013年03月05日
reminiscence–note/レミニッセンス・ノート

reminiscence–note/レミニッセンス・ノート

スタンプ帳やスクラップブック、旅のキオク帳など使い方は写真のように様々。フィールドノートとしても使えるオリジナルのノートを作成しました。サイズはA5サイズ、32P。
名前はreminiscence–note(思い出・回想ノート)、キオクやキロクをとどめておくためのノートとなりました。ぜひ使ってみてください。一冊100円となります。_ichihashi

Hanagara-saku-showa




2013年03月04日
花柄が流行したとき

花柄が流行したとき

花柄の電子ジャー、トースターホーロー鍋、ブラウスの他、プラスチック製の玉のれん、ガラスケースに入ったポーズ人形、黄色のサークライン蛍光灯を配置しました。_ichihashi



Hanagara-saku-showa




2013年03月03日
花柄が流行したとき

花柄が流行したとき

花柄が流行した1970年代の暮らしの道具。花柄のエプロン、ポット、テーブルクロスのほかデコラ貼りの家具、マッサージ機などを配置しました。_ichihashi
Hanagara-saku-showa




2013年03月02日
花柄ガラスコップ

花柄ガラスコップ

企画展「花柄咲く昭和」が5日スタートします。準備も大詰めといったところです。_ichihashi




2013年03月01日
花柄の乳母車

花柄の乳母車

乳母車のカゴの部分は、籐で編まれたものや木製で漆が塗られたものが主流でした。カゴの側面には鶴や亀、宝船などの縁起物が描かれていました。
昭和30年代後半頃からビニール製のカゴが用いられるようになりました。色、デザインとも多様となり、なかでも花柄は人気だったようです。
ビニール製品やプラスチック製品が登場したことにより暮らしはより華やかになっていきました。_ichihashi




Hanagara-saku-showa




2013年02月27日
組み合わせて

組み合わせて

上手く組み合わせて押すと、こんな感じになります。








Hanagara-saku-showa




2013年02月27日
花柄スタンプ

花柄スタンプ

今回、もうひとつ記念スタンプを作成しました。
様々な花を抽象化した花柄デザインになっています。_ichihashi








Hanagara-saku-showa




24ページ中17ページ目を表示(合計:238件)
[前のページ次のページ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24]