脳脊髄液減少症について

 「脳脊髄液減少症」とは、交通事故やスポーツなどの外傷が原因で、脳脊髄液が漏れ続け、頭痛、頚部痛、めまいなどの様々な症状を引き起こす病気です。

 現時点では診断基準や治療方法がまだ確立されていません。

 平成19年に国に研究班が設置され、研究が行われておりますが、まだ直接「脳脊髄液減少症」の診療を行っている病院は少ないのが現状です。

 「脳脊髄液減少症」の診療ができる医療機関についてのご相談は、愛知県のホームページで、ご案内をしていますので、ご覧ください。

 脳脊髄液減少症状の診療が可能な病院一覧も、愛知県ホームページからご覧いただけます。

関連リンク

脳脊髄液減少症について(愛知県ホームページ)

脳脊髄液減少症全国ネットワーク架け橋

お問い合わせ

健康課
電話:0568-23-4000
ファクス:0568-23-0501
E-mail:kenko@city.kitanagoya.lg.jp