日本脳炎(予防接種)

個別接種

※予約制です。事前に指定医療機関へ直接電話でお申込ください。

対象

(標準的な接種年齢)

1期:生後6か月から7歳6か月未満まで(3歳及び4歳)

2期:9歳から13歳未満まで(9歳及び10歳:小学4年生)

接種回数 4回
1期初回:6日から28日間隔で2回
1期追加:1期初回(2回)終了後、概ね1年後に1回
2期:1回
持ち物 母子健康手帳・日本脳炎予診票・健康保険証 ・子ども医療費受給者証

※冊子「予防接種と子どもの健康」を読んでから、ご自宅で予診票をご記入し、ご持参ください。

※接種前に検温し、問診、診察を行います。

北名古屋市内指定医療機関一覧(子どもの予防接種)(PDF形式 132KB)

日本脳炎予防接種対象年齢を超えた方へ

 平成17年度から平成21年度まで接種勧奨を差控えていたことにより、下記の方は定期接種(公費負担)として受けることができます。

○平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方

 20歳の誕生日の前日までに、4回の接種のうち不足分を定期接種として接種できます。

○平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方

 平成28年度から、2期(9歳から13歳未満まで)の期間に、1期(3回分)の不足分を定期接種として接種できるようになりました。2期の接種時期については、接種医療機関または保健センターへご相談ください。

※予診票をお持ちでない方は、母子健康手帳を持参のうえ保健センターへおいでください。

こんな時は予防接種が受けられません

  • 37.5 ℃以上の発熱やせき・鼻水があった時は、症状がおさまってから2週間あける。
  • 流行性疾患にかかった時は、病気がなおってから4週間あける。
  • はしか、風しん、水ぼうそう、おたふくかぜにかかった子と接触した時は、3週間から4週間あける。
  • 熱性けいれん(ひきつけ)をおこし後は、3か月から6か月間あける。(詳しくはかかりつけ医にご相談ください)

愛知県広域予防接種事業の協力医療機関で接種するとき

県内の指定医療機関以外にかかりつけ医がある方が、その医療機関で接種されるときは、事前に保健センターで手続きが必要です。

お問い合わせ

健康課(保健センター)
電話:0568-23-4000
ファクス:0568-23-0501
E-mail:kenko@city.kitanagoya.lg.jp