HOME > 人事秘書課 >

『市役所職員に関するアンケート』結果

 市では、2月15日から3月17日まで各方面のご協力をいただき、「市役所職員に関するアンケート」を実施しました。また、3月18日には、入庁2年以内の職員を対象とした研修として、街頭や公共施設などで市民の方から直接お話を伺いました。
  その結果について、お知らせします。

 アンケートでは、500人を超える方から、市職員に対する貴重なご意見をいただきました。「市役所職員に欠けている要素」「これからの市役所職員に必要な要素」をそれぞれ15項目から3つ回答していただきました。
  その結果、数の多かった上位3項目は下記のとおりです。

市役所職員に欠けているものは?

  1. 迅速で、柔軟な対応    28%
  2. 丁寧で親しみやすい態度   27%
  3. コスト意識などの市民感覚   23%


これからの市役所職員に必要なもの!

  1. 丁寧で親しみやすい態度   32%
  2. コスト意識などの市民感覚   31%
  3. 自分の仕事に対する熱意    22% 


 最も『欠けている』とされる「迅速で、柔軟な対応」が、『必要なもの』として上位に挙がっていないのは、公平、公正を本旨とする公務の特性が少なからず理解されているということを現しているようです。また、「仕事に対する熱意」は、特に欠けているわけではないが、まだまだ不足していると考えている方がいるということを示しています。

性別、年齢別に分類した結果、次のような傾向が見られました

  1. 女性は「丁寧で親しみやすい態度」を重視する人が多い
  2. 男性は「コスト意識などの市民感覚」を重視する人が多い
  3. 年配になるほど「自分の仕事に対する熱意」を重視する人が増える

 また、自由意見の中で、『原因が共通するもの』で分類した結果、「市民に対する態度」「公務員的な感覚と市民感覚の違い」「仕事そのものに対する心構え」を底流にした意見が多いようでした。

公務員としてのあなたの将来像は?

 今回のアンケート結果をもとに、入庁1~2年目の職員を対象に「理想の公務員像」というテーマで議論し、自らの存在を考えながら「(自分の)職員としての将来像」をイメージするという研修を行いました。
 参加職員の意見の一部をご紹介します。
※( )内は入庁年度と性別

理想の公務員像についてのキャッチフレーズ

『市民のよきサポーター』 (平成19年・男性)
 主人公である市民が、その人らしい日々を送ることができるよう、市民と行政の架け橋として適切にサポートできる職員。

『視ています 視られています その背中』(平成18年・女性)
 常に市民の目を意識して市民の求めるものに「気づく」ことが、「努力」と「向上」という正のサイクルを生み出す。

『頼られる公務員』 (平成18年・男性)
 市民の地域生活をサポートする役割を、市民から頼られることで担っていく。

『相談して良かった・・・』 (平成19年・女性)
 手続き一つとってもその人には一生に一度のことかもしれない。一期一会の出会いであることを意識できる職員。

『全天候型公務員』 (平成18年・男性)
 専門性と汎用性を併せ持った職員。

『自己啓発』 (平成19年・女性)
 知識や技術を市民の方に還元することが、より良いまちをつくることに繋がる。どうしてだろうと疑問を持つことができるよう、自分の中のアンテナを高くすることが大切。

『心は熱く、頭はクール』 (平成19年・男性)
 普段は市を良くしようという熱意と向上心にあふれているが、必要なときは落ち着いて冷静に行動できる職員。

職員としての将来像

 できるだけ多くの仕事を学び、それを市民へ適切な案内やアドバイスに代えて提供できるよう貢献したい。目標は、「この人に聞けば何でもわかる」と市民の方から思われるような職員になりたい。(平成18年・男性)

 常に市民の立場で物事を考え、行動することで市民に信頼してもらえる職員、また仕事に対して熱意を持ち、質の高い行政サービスを提供することのできる職員になりたい。(平成19年・男性)

 「この人に任せておけば大丈夫」と思ってもらえるような人間関係を築き、自分の担当はもちろん、関連する部署の幅広い知識を積極的に身に付け、さらに異動するごとに知識を深め、最終的には市に関することは何でも答えられるような職員をめざす。(平成18年・女性)

感想

 市民の皆さんに直接意見をお聞きすることは大変貴重な体験でした。たくさんお話をいただける方は、それだけ北名古屋市に期待されている方だと思います。そのような方々の期待を裏切ることのないよう、真摯に仕事に取り組みます。(平成18年・女性)

 市民の方から直接お話をお聞きしたことは、「生の声を聞く」という点において新鮮な体験でした。厳しい指摘が多かったですが、中にはお褒めの言葉もあり意外な感じでした。今回の体験を今後の業務にフィードバックさせることが重要だと思います。(平成19年・男性)

 今回のアンケートでは、大変多くの市民の皆さんから貴重なご意見をいただきました。ご協力、ありがとうございました。
 アンケートの結果は、市役所内で周知を図り、職員教育はもちろん、よりよい市役所づくりのために活用していきます。

お問い合わせ

人事秘書課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-25-1800
E-mail:jinji@city.kitanagoya.lg.jp