認知症ケアパス

認知症ケアパスとは

 平成24年9月、厚生労働省において認知症への早期取り組みを促す施策(認知症施策推進5か年計画=オレンジプラン)、平成27年1月には認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)が策定されました。

 これを受けて北名古屋市では、「認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域の良い環境で暮らし続けることができる社会」の実現を目指し、認知症の疑いがあるとき、認知症で困っているときの相談窓口を明らかにして、状態に応じて利用できる適切なサービスを整理した認知症ケアパスを作成しました。

「認知症の疑い」から「常に介護が必要」な状態までの、認知症のケアの流れを示し、医療と介護の連携をスムーズにすることを目的にしています。

 認知症の悪化予防のためには、地域、家族、そして医療・介護・福祉サービス等が認知症高齢者の方の状況を正しく理解し、適切にかかわることが重要です。この北名古屋市認知症ケアパスをご活用ください。

 

 認知症ケアパス(表紙)

 認知症ケアパス(内容)

 

お問い合わせ

高齢福祉課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-26-4477
E-mail:korei@city.kitanagoya.lg.jp